ルール

● 食タン、先ヅケありのルールです。
● 形式聴牌あり、リーチ一発、裏ドラあり。
● 赤牌は五ピン、五万、五索子は各1枚あります。
● 赤牌はドラ扱いで和了役にはなりません。

● 持ち点ゼロはゲーム終了になります。
● 6万点で終了。4人リーチは流局せず、続行します。
● 振聴リーチあり、リーチ後の見逃し自模和了ができます。
● 不聴リーチは流局した場合、チョンボで満貫払い。
● リーチ後に聴牌(牌の並び)が変わるカンは出来ません。
   …カンすればチョンボになります。
● 見せ牌、腰使い牌は一巡以内に指摘された場合、現物のみ
  出和了が出来ません。
● 多牌、小牌、誤ポン、誤チーは和了(あがり)放棄です。
  どちらもチョンボになりません。
● 牌を誤った形でさらしてしまった場合、捨て牌をする前で
  あれば見せ直し、捨て牌を行ってしまった場合は、そのまま
  の形で鳴いて頂き、和了放棄になります。
● ポン・チー・カンの取り消しは罰符1000点を、場に供託
  することで変えられます。但し、鳴き止めた牌はチェックに
  なり、その見せた牌とスジは出和了出来ません。
● 捨て牌した後の…食い違いは和了放棄です。

● 四カン流れは打牌後、その牌で和了が発生しなければ
  流局します。
● 九種九牌、四風子連打、三家和、親が不聴の場合は…
  流局します。
● 三家和は流局です。飛びと三家和が同時に会った場合、
  流局が優先です。
● オーラスで三家和の時、流局でゲーム終了です。
  …(リーチ棒は供託)


● 九種九牌がないにもかかわらず副洛(フーロ)した時、
  和了放棄です。

● 九種九牌はツモった後、あれば流局できます。

● チョンボはオーラス以外、親が流れます。
  (尚、リーチ棒はリーチ者に戻ります)
● チョンボと和了が同時にあった場合、和了を優先します。

● オーラスのチョンボは1本場で続行します。
● オーラスで、チョンボと6万点が同時にあった場合、
  終了します。チョンボの加算点で6万点になった場合は
  続行します。

● ダブロンの場合、リーチ棒・供託棒・積み棒・親権は
  頭ハネです。
● ロン、ツモの発生は「ロンの扱い」になりチョンボ。
  倒牌もチョンボになります。
● ツモった振り、しぐさは和了放棄です。。
● 先ヅモした場合、ロン、ポン、チーは出来ません。
  (牌を触れた時を…先ヅモと判断)

● 相手の手牌を見たり、倒したり時は和了放棄になります。
● オーラスの親番は、アガリやめ・聴牌やめが出来ます。
● オーラスの親は和了した時、ゲームを終了する事が
  出来ます。
● オーラスは各自で10万点(持ち点)を確認することで
  点棒申告とします。
● 点棒の入れ間違いは少ない点棒で計算します。
● 王牌は常に14牌残し、河底牌(ハイテイ)の牌はカンは
  出来ません。